メニュー

亜鉛不足とアトピー性皮膚炎。必須ミネラ

亜鉛不足とアトピー性皮膚炎。

必須ミネラルの1つ、亜鉛が皮膚の傷を治したり、皮膚を正常に保つ働きがあることを私たちの祖先は経験的に知っていて、湿疹や火傷の民間治療薬として亜鉛を使ってきました。
亜鉛が体内で不足すると、傷の治りが悪く、肌荒れを起こしやすくなります。
代表的なのがアトピー性皮膚炎です。

■日本人に多いアトピー性皮膚炎も亜鉛不足が要因
昔と比べ、アトピー性皮膚炎の患者数は目立って多くなっています。
これは、日本人に顕著な現象のようで、日本の土壌がミネラル不足だという事にも要因があり、日本人の体質がミネラルの一種亜鉛の潜在的不足傾向にあるそうです。
亜鉛の1日の必要摂取量は成人で12mgとされているのですが、通常の食事からでは9mg程度しかとれていないということが報告されていて、現代の食生活が亜鉛不足を招いているようです。
亜鉛が不足すると、表皮が厚くなってかさつき、くすんだ肌の色となります。
必要量の亜鉛を体内に補給できている人の皮膚は、角質が自然なうるおいに満ちていてイキイキとした感じがするそうです。
皮膚は薄くてしなやかながら、外界からのダメージを受けにくく、皮膚の内部の水分も逃しにくくなっています。
必要な他の栄養素と亜鉛が充分に体内に備わっていれば、特別な化粧品は使用しなくても美肌が保てるかもしれません。

アトピー性皮膚炎は肌の乾燥が原因の一つともいわれています。亜鉛を充分に補給して自然に潤う肌を作ることを、頑固なアトピー性皮膚炎の治療の第一歩としてみましょう。

■医療面でも重要視される亜鉛

アトピー性皮膚炎の原因は一つではなく様々は要因があるようです。
根本的な治療は未だ確立されていないのですが、皮膚科ではアトピー性皮膚炎の患者の多くに亜鉛が有効であるとして、亜鉛治療をする医師が増えていて、頑固なアトピー性皮膚炎が数ヶ月で劇的に改善することもあるそうです。
では、亜鉛のみを必要量補給していればいいのかというとそうではなく、全体の栄養バランスを考える必要があります。
亜鉛は牡蠣・肉類・魚類などに多く含まれている栄養成分ですが、食事で毎回栄養バランスを考えるのは困難な時もあります。
そのような時には、サプリメントの有効利用も良いのではないかと考えます。

亜鉛の重要性

亜鉛は、人の健康と大きな関わりを持っていて、生命活動を維持する上では欠かせない必須ミネラルの一つです。
体内に貯える事が出来ない必須微量元素で、食品から毎日摂取する必要があります。
必要量は1日12mg程度ですが、僅かな量でも不足してくると亜鉛欠乏症に陥って様々な健康上のトラブルが起こる可能性が高くなります。
亜鉛は人間に欠かせない酵素を産生し、たんぱく質の合成や骨の発育、味覚の形成や精子の生成、小児の成長などにも深く関わっています。
亜鉛は特に精液の中に多く含まれていることから、男性の精力増強ためのサプリメントなどに多く使用されているようです。

■ED改善にも利用
近年、精神的・肉体的ストレスや多忙による生活習慣や食生活の乱れなどが原因で、勃起不全(ED)に陥る男性が増えているそうです。

バイアグラ等のようなED治療薬も色々な種類のものが販売されていますが、それら治療薬は対症療法でしかなく、根本的な問題解決にはなりません。
やはり、根本的に解決しようとするならば、その方が今抱えているストレスの原因になるような問題を僅かでも解決していきながら、体質を変えていくしか方法がないのです。

これはバイアグラ等のようなED治療薬とは違い、即効性が期待できるものではありませんが、根本的に解決に導くためには、生活習慣や食生活の改善は欠かせなません。
精子の形成を促すといわれる亜鉛をしっかり摂取するよう根気よく取り組んでいけば、より効率よくEDの改善が図れるのではないかと考えます。

■亜鉛はホルモン分泌も促進
ホルモンは、性別年齢を問わず人間に欠かせない成分で、そのホルモンの分泌自体を促進するとされているのが亜鉛です。
また、人のあらゆる細胞が必要とする甲状腺ホルモンをキャッチする受容体の形成にも亜鉛が必要とされています。
ホルモン分泌の衰えは、体調を崩す大きな原因となります。
亜鉛不足を招かないように注意しておくことで、ホルモンの分泌が正常におこなわれ、体中の細胞も活発化し、健やかな毎日が送れるようになるでしょう。
ちょっとした変化で体調を崩しやすい方は、免疫力を高める働きもある亜鉛が不足しているのかもしれませんので、今一度食事の内容などを見直してはいかがでしょうか。



亜鉛の摂取量の目安は成人の場合で一日につき12mgです。
しかし、日本人の場合は健康的な食事をしていたとしても12mgには届かず、平均すると9mg程度といわれています。
これは欧米人の場合と比較すると極めて低い数値ですが、その理由とえるのが日本の土壌がミネラル不足にあるという点にあります。
できるだけ亜鉛不足にならないような食生活を送る意味でも、食品に含まれる亜鉛の量を確認しておきましょう。

■亜鉛を多く含むのは肉類や魚類

亜鉛は海のミルクとも呼ばれている牡蠣に多く含まれています。
一日の目安摂取量である12mgも牡蠣なら2個でまかなえるほどであり、サプリメントを飲む場合に比べると手軽に補うことができそうです。
牡蠣には亜鉛だけでなく、様々な栄養素が多く詰まっていますので栄養バランスが偏りがちな人にとっては積極的に食べたいところです。
ただし、牡蠣は一年を通して食べることができませんのでその点はデメリットといえるかもしれません。
また、うなぎや牛のもも肉、チーズやレバー、卵黄や大豆、納豆などといった「滋養食」として知られる食品にも亜鉛は多く含まれています。
この他、きなこや豆腐、そばやごま、緑茶、カシューナッツやアーモンド、黒米や赤米などといった食品も亜鉛を含む食品として知られています。
こうした亜鉛を多く含んだ食べ物を積極的に食べるよう心がけたいところですが、なかなか難しいのが現状です。
そのような場合にはサプリメントを利用して補った方が効率的かもしれません。

■亜鉛不足の確認
亜鉛が体内から不足してくると体調不良の原因となりますが、その中には自覚症状がない場合もあります。
また、体調不良になったとしてもそれが亜鉛不足と結びつけるということも難しいかもしれません。
亜鉛不足になった場合の症状としては、たとえば肌荒れやシミ、傷の治りが悪いなどといった皮膚に関するトラブルが多い傾向にあります。
この他、抜け毛や立ちくらみ、目の疲労や精力減退、生理不順なども亜鉛不足によって引き起こされる症状といわれています。
管理人のお世話になってるサイト⇒亜鉛サプリ


TOP PAGE